作曲家 吉田千鶴子

Chizuko  YOSHIDA
作曲家 composer

(1916 ~ 2013)

日本歌曲やオーボエ曲を作曲
名古屋市出身

 
日本語  English
吉田千鶴子 写真
吉田千鶴子トップページ 吉田千鶴子作品一覧 吉田千鶴子作曲視聴ページ
 
 
吉田千鶴子 作品
 
 
独唱曲と合唱曲
いずれも日本歌曲(ピアノ伴奏付き)です。
  独唱曲: 29曲 + 11曲(没後発表)
  合唱曲: 19曲 + 5曲(没後発表)

歌詞は、大木惇夫、尾崎喜八、片山敏彦、北原白秋、後藤一夫、佐伯孝夫、
サトウハチロー、神保光太郎、竹久夢二、野口雨情、野田宇太郎、宮沢章二、
三好達治、八木重吉、吉岡千里、吉田千鶴子の詩、および万葉集や会津八一、
良寛、葛谷治子の短歌。

組曲 梅花の宴(バイカノエン)
7曲構成の日本歌曲(ピアノ伴奏付き)。各曲は、独唱と合唱で構成。
[内容]
天平(テンピョウ)2年(西暦730年)の正月(現在の暦では2月)に、九州の大宰府(ダザイフ)にあった大伴旅人(オオトモノタビト)の邸宅で宴会が催された。その折に、梅の花を眺めつつ詠まれた万葉集の短歌に曲を付けた。
オーボエ曲
オーボエとピアノの二重奏
オーボエとファゴットの二重奏
2曲
1曲
吉田千鶴子 最近の演奏報告  
 
吉田千鶴子 経歴
 
 
 1916年 名古屋市生まれ
 1934年 愛知県第一高等女学校(現在の明和高校)卒業
 1936年 結婚   1男2女の母となる
 1950年代 中頃より作曲を始める
 1973年 楽譜「吉田千鶴子 作品集」出版(芸術現代社)
 1973年 作品発表演奏会
・東京初演  (4月30日) ヤマハホール(銀座)
・名古屋初演(5月10日) 中電ホール
指 揮:   久山恵子
合 唱:   東京放送合唱団 (東京公演)
  東海メールクワイヤー・東海女性合唱団(名古屋公演)  
独 唱:   依田喜美子 ・ 山路亮三
ピアノ:   米山春江
 1977年 合唱曲〈秋の眸〉   9月号 音楽之友社発行の月刊誌「教育音楽(中学版)」に掲載
 1978年 合唱曲〈鳩笛は〉   7月号
 1979年 合唱曲〈もものはな〉 5月号
 1991年 作品〈山茶花〉 ベルギーで独唱
 1994年 作品〈鐘〉〈ものおもい〉 ウクライナで独唱
第3回キエフ音楽祭(チャイコフスキー記念音楽大学ホール)
歌手:ZABILYASTA LIDIYA (ソプラノ)
 1995年 楽譜「歌 吉田千鶴子作品」出版(音楽之友社)
 2002年 楽譜とCDがドイツのフランクフルトの女性作曲家
公文書館(Archiv Frau und Musik)に集録
 2003年 作品〈もものはな〉が、田中利光編「和楽器合奏十八番」(全音楽譜出版社)に掲載 編曲:田中利光
 2007年 作品〈沼べり〉〈草の庵に〉〈鐘〉〈ものおもい〉が、ウクライナで開催された第5回キエフ音楽祭で、「チャイコフスキー記念音楽大学」 と「フィルハーモニーホール」の満員の聴衆の中で独唱。
 2010年 「吉田千鶴子作品全集」が完成
 三点セット 楽譜  3冊 (歌詞はローマ字併記)
補遺 (歌詞の解説など) 1冊 (英文説明も挿入)
全曲演奏の録音CD  1セット(=3枚)
   
  国内および外国(約50国)の音楽大学などへ配布。
 2013年 吉田千鶴子 死去 97歳 (名古屋市内にて)
 2014年 オーストリア・ウィーン市の音楽サロンで、
ソプラノ “林 香菜子”14曲独唱
 2017年 「吉田千鶴子 遺稿歌曲集」が完成
 楽譜 と CD を配布
  イタリア・ピサ市のホールで、
メゾソプラノ “渡士 あかね” 4曲独唱
 2018年 チェコ・ブルノ市のホールで、
ソプラノ “Monika Kastanova”4曲独唱
 
 付記
  2008年以降、和楽器アンサンブル「みずほ」の皆さんが、
名古屋市内の音楽会で、
  • 組曲〈梅花の宴〉と〈もものはな〉を、雅楽で演奏。編曲:田中利光
  • 組曲〈梅花の宴〉と〈もものはな〉〈桜田へ〉〈わかのうらに〉を、
    女性歌手と和楽器( 篠笛・尺八・琵琶・三味線・
    十七絃・箏・打楽器など)で演奏。編曲:田中利光
 
 
問い合わせ先
 
 連絡先 FAX:052-851-1776 E-Mail:n.yoshida@marui-yoshida.jp
 
 
Copyright (C) 2018 Naohiro YOSHIDA. All Rights Reserved.
メールにて問合せ